タグ別アーカイブ: 不動明王

不動明王【羂索(けんじゃく)】<焼き絵>

2013-03-05fudo800

不動明王【羂索(けんじゃく)】
2013-03-05

素材:合板
サイズ:210mm×450mm(厚み6mm)

本作は、三点セットのうちの一枚です。

素戔嗚尊、大天使ミカエルと、不動明王のセット。
こちらは、三枚並べた時向かって左側に来ます。
不動明王の右手にある羂索の端が画面から外へ出ていますが、この端が、中央にくる素戔嗚尊に繋がり、さらにミカエルへ繋がって天秤になって終わります。

不動明王、素戔嗚尊、ミカエル

焼き絵という技法は私にはとても相性がよく、好きな技法です。

この作品についての当時のブログ記事はこちら。

 

不動明王【虚空の像】

20120128

不動明王【虚空の像】
2012-01-28

用紙:画仙紙色紙(242×273mm)
画材:墨、朱墨、絵墨、顔彩

これも、やはり、三眼です。
三つ編みは絵にはないけど、たぶん、向こう側にシュッと。

…作品タイトル、描いた当時はついてませんでした。
今急に浮かんだのでつけました。
意味とか、聞かないでください………

 

不動明王【業】

201109fudo01_1

不動明王【業】
2011-09-17
サイズ:B2
画材:イラストボード、水彩色鉛筆、サクラマット水彩金・銀

天使から神へ移る過程で、インド還りしてるかのような不動明王を経た。
そういう感じで、突然、描いた一枚。

総色鉛筆で、細密に描き込みしたため集中的に作業して丸4日かかりました。
その後、素戔嗚尊VS八岐大蛇の「延べ日数1ヶ月」が登場するまで、この絵が一番時間も手間もかかった絵でした。

当時の様子は、アメブロに詳しいので、そちらでどうぞ。

 
私の描く不動明王は、なぜか、三眼なのですよ。
なぜか、いつも。
で、ときには、もっと眼が増えることも………