タグ別アーカイブ: 焼き絵

素戔嗚尊【天地(あめつち)の結】

20120122susa800

<焼き絵>
素戔嗚尊【天地(あめつち)の結】
2013-01-22

素材:合板
サイズ:210mm×450mm(厚み6mm)

本作は、焼き絵という技法を使って本気で描いた、最初の一枚です。
それまでは、ちっちゃいサイズのものをお試し的に描いてみただけでした。

最初の一枚にしては、ずいぶんと馴染んだ感じでして。
最初から、まるでもう、かなり焼きこんできたみたいな感覚で進めました。
迷う、ということは、全くありませんでした。

こういうのを、「相性が良い」と言うのだろうな…と、思ったものです。

焼き絵というものを始めてみたことそのものが、瓢箪から駒…みたいな展開でした。


本作は、三点セットのうちの一枚です。
一番最初に、本作を描きました。
その段階では、引っ張ってる紐状のものが何なのか、やってる本人にもわかりませんでした。

不動明王とミカエルが出上がってみれば、これが繋がってたのか~と。

素戔嗚尊、大天使ミカエルと、不動明王のセット。
こちらは、三枚並べた時向かって左側に来ます。
不動明王の右手にある羂索の端が画面から外へ出ていますが、この端が、中央にくる素戔嗚尊に繋がり、さらにミカエルへ繋がって天秤になって終わります。

不動明王、素戔嗚尊、ミカエル

焼き絵という技法は私にはとても相性がよく、好きな技法です。

この作品についての当時のブログ記事はこちら。
焼き絵をやることになった経緯なども、書いてあります。

 

大天使ミカエル【天秤】

2013-03-21mika800

<焼き絵>
大天使ミカエル『天秤』
2013-03-21

素材:合板
サイズ:210mm×450mm(厚み6mm)

透明感が大事な天使と、焼き絵…というのが、どうなるのか、イマイチわからない感じでの制作でしたが、なんとかなりました。
絵そのものは、始める前からやるべきことはわかってたので、迷いなどは全くなくスムーズに制作は進みましたけども…。

実際に、焼き始めて、初めて気づいた事実が!

私…ペン画で細密に翼を描いたことが、今まで、ありませんでした(^_^;)

天使の絵を描くようになってからは、ほとんどの制作がパステルと色鉛筆で、しかも翼は消しゴムで色を抜いて出していたので…。
逆に線を細密に描き込んで羽を描くことって、なかった…。

そもそも天使の絵になるまでは、翼なんか滅多と描くこともなかったし、苦手モチーフでもあったのですよ。
ええ、どう描いていいか、イマイチよくわからなかったのだよねえ…。

どうにかなってよかった………


本作は、三点セットのうちの一枚です。

素戔嗚尊、大天使ミカエルと、不動明王のセット。
こちらは、三枚並べた時向かって左側に来ます。
不動明王の右手にある羂索の端が画面から外へ出ていますが、この端が、中央にくる素戔嗚尊に繋がり、さらにミカエルへ繋がって天秤になって終わります。

不動明王、素戔嗚尊、ミカエル

焼き絵という技法は私にはとても相性がよく、好きな技法です。

この作品についての当時のブログ記事はこちら。

 

不動明王【羂索(けんじゃく)】<焼き絵>

2013-03-05fudo800

不動明王【羂索(けんじゃく)】
2013-03-05

素材:合板
サイズ:210mm×450mm(厚み6mm)

本作は、三点セットのうちの一枚です。

素戔嗚尊、大天使ミカエルと、不動明王のセット。
こちらは、三枚並べた時向かって左側に来ます。
不動明王の右手にある羂索の端が画面から外へ出ていますが、この端が、中央にくる素戔嗚尊に繋がり、さらにミカエルへ繋がって天秤になって終わります。

不動明王、素戔嗚尊、ミカエル

焼き絵という技法は私にはとても相性がよく、好きな技法です。

この作品についての当時のブログ記事はこちら。

 

日本の神々~三貴子

sankishi600

【三貴子】

完成日:2013-06-21
素材:しなベニヤ サイズ:4切判(4×340×500mm)
焼き絵(アートバーニング)作品


 

黄泉から生還した伊弉諾尊(イザナギノミコト)が、穢れを洗い流した時に生まれたとされる三柱の神々。

・天照大神
・月讀尊
・素戔嗚尊

イザナギ・イザナミの神産み神話の最後に生まれたこの三柱の神々が、現在の日本神話最高神とされている。