「アナログ画」タグアーカイブ

草薙剣

kusanagi

 

【やおよろず-日本の神様辞典-】より

解説文は、文章担当の方が書いて下さっています。

私は挿絵を担当いたしました。

 

【挿絵解説】
草薙剣は、下界(八岐大蛇の体内)から高天原へ昇り、再び下界へ下りてきて英雄・倭建命の運命を切り拓きました。剣に宿る神気が倭建命に授けられたというイメージを託してみました。

 

「草薙剣」を描いていますが、倭建命を描いているとも言えます。

 

 

鉛筆の絵をスキャン読み込みして、PhotoShopにて彩色。

モノクロの状態は、こんな感じでした。

 

kusanagi02_72dpi

素戔嗚尊【天地(あめつち)の結】

20120122susa800

<焼き絵>
素戔嗚尊【天地(あめつち)の結】
2013-01-22

素材:合板
サイズ:210mm×450mm(厚み6mm)

本作は、焼き絵という技法を使って本気で描いた、最初の一枚です。
それまでは、ちっちゃいサイズのものをお試し的に描いてみただけでした。

最初の一枚にしては、ずいぶんと馴染んだ感じでして。
最初から、まるでもう、かなり焼きこんできたみたいな感覚で進めました。
迷う、ということは、全くありませんでした。

こういうのを、「相性が良い」と言うのだろうな…と、思ったものです。

焼き絵というものを始めてみたことそのものが、瓢箪から駒…みたいな展開でした。


本作は、三点セットのうちの一枚です。
一番最初に、本作を描きました。
その段階では、引っ張ってる紐状のものが何なのか、やってる本人にもわかりませんでした。

不動明王とミカエルが出上がってみれば、これが繋がってたのか~と。

素戔嗚尊、大天使ミカエルと、不動明王のセット。
こちらは、三枚並べた時向かって左側に来ます。
不動明王の右手にある羂索の端が画面から外へ出ていますが、この端が、中央にくる素戔嗚尊に繋がり、さらにミカエルへ繋がって天秤になって終わります。

不動明王、素戔嗚尊、ミカエル

焼き絵という技法は私にはとても相性がよく、好きな技法です。

この作品についての当時のブログ記事はこちら。
焼き絵をやることになった経緯なども、書いてあります。

 

 

 

素戔嗚尊【天地(あめつち)の結】 150,000 
気になる方はお問い合わせください。
お問い合わせフォームはこちら

 

大天使ミカエル【天秤】

2013-03-21mika800

<焼き絵>
大天使ミカエル『天秤』
2013-03-21

素材:合板
サイズ:210mm×450mm(厚み6mm)

透明感が大事な天使と、焼き絵…というのが、どうなるのか、イマイチわからない感じでの制作でしたが、なんとかなりました。
絵そのものは、始める前からやるべきことはわかってたので、迷いなどは全くなくスムーズに制作は進みましたけども…。

実際に、焼き始めて、初めて気づいた事実が!

私…ペン画で細密に翼を描いたことが、今まで、ありませんでした(^_^;)

天使の絵を描くようになってからは、ほとんどの制作がパステルと色鉛筆で、しかも翼は消しゴムで色を抜いて出していたので…。
逆に線を細密に描き込んで羽を描くことって、なかった…。

そもそも天使の絵になるまでは、翼なんか滅多と描くこともなかったし、苦手モチーフでもあったのですよ。
ええ、どう描いていいか、イマイチよくわからなかったのだよねえ…。

どうにかなってよかった………


本作は、三点セットのうちの一枚です。

素戔嗚尊、大天使ミカエルと、不動明王のセット。
こちらは、三枚並べた時向かって左側に来ます。
不動明王の右手にある羂索の端が画面から外へ出ていますが、この端が、中央にくる素戔嗚尊に繋がり、さらにミカエルへ繋がって天秤になって終わります。

不動明王、素戔嗚尊、ミカエル

焼き絵という技法は私にはとても相性がよく、好きな技法です。

この作品についての当時のブログ記事はこちら。

 

 

 

大天使ミカエル【天秤】 150,000 
気になる方はお問い合わせください。
お問い合わせフォームはこちら

 

不動明王【羂索(けんじゃく)】<焼き絵>

2013-03-05fudo800

不動明王【羂索(けんじゃく)】
2013-03-05

素材:合板
サイズ:210mm×450mm(厚み6mm)

本作は、三点セットのうちの一枚です。

素戔嗚尊、大天使ミカエルと、不動明王のセット。
こちらは、三枚並べた時向かって左側に来ます。
不動明王の右手にある羂索の端が画面から外へ出ていますが、この端が、中央にくる素戔嗚尊に繋がり、さらにミカエルへ繋がって天秤になって終わります。

不動明王、素戔嗚尊、ミカエル

焼き絵という技法は私にはとても相性がよく、好きな技法です。

この作品についての当時のブログ記事はこちら。

 

 

 

不動明王【羂索(けんじゃく)】 150,000 
気になる方はお問い合わせください。
お問い合わせフォームはこちら

 

不動明王【虚空の像】

20120128

不動明王【虚空の像】
2012-01-28

用紙:画仙紙色紙(242×273mm)
画材:墨、朱墨、絵墨、顔彩

これも、やはり、三眼です。
三つ編みは絵にはないけど、たぶん、向こう側にシュッと。

…作品タイトル、描いた当時はついてませんでした。
今急に浮かんだのでつけました。
意味とか、聞かないでください………

 

不動明王【業】

201109fudo01_1

不動明王【業】
2011-09-17
サイズ:B2
画材:イラストボード、水彩色鉛筆、サクラマット水彩金・銀

天使から神へ移る過程で、インド還りしてるかのような不動明王を経た。
そういう感じで、突然、描いた一枚。

総色鉛筆で、細密に描き込みしたため集中的に作業して丸4日かかりました。
その後、素戔嗚尊VS八岐大蛇の「延べ日数1ヶ月」が登場するまで、この絵が一番時間も手間もかかった絵でした。

当時の様子は、アメブロに詳しいので、そちらでどうぞ。

 
私の描く不動明王は、なぜか、三眼なのですよ。
なぜか、いつも。
で、ときには、もっと眼が増えることも………

 

 

 

不動明王【業】 100,000 
気になる方はお問い合わせください。
お問い合わせフォームはこちら

 

 

虚から出でる

20140729_700

2014.07.29
ペン:プラチナ #3776 センチュリー・シャルトル・ブルー極細

インク:三光堂オリジナルインク「四間道ブラック」「中川運河ブラウン」の混合

サイズ:F6

制作過程

点描を打っている時にうっかり水を落としてしまいまして。
一カ所だけだと、いかにもなので、他にも水滴を散らしました。
そういうことも、あります。

未完成な感じがしています。
しかし、この後加筆したい気にならないまま時間が過ぎてきたので、これで手打ち。

下描きなどは全くしないで、何を描くかもイメージしないままでスタートしました。
ウロ(虚/洞)から何かが出てくる…ということでは、ある意味、自己像かも知れません。
そう思うと、未完成だけどもうこれでいい、というのも、なんか、わからなくはない。

”あの日であった きみは だれ?”

20157102091

サイズ:約450mm(F8号用紙からとったほぼ正方形)
用紙:画仙紙
画材:ヌーベルカレーパステル、アクリルガッシュ


2015年7月11日~22日の会期で、名古屋市中区栄のセントラルギャラリー(セントラルパーク内)で開催される「つくし賞」というコンペに出しました。

今回のコンペテーマは「夏の思い出」

当初このためにイメージしていた絵は、下絵まで作っていたのですが、いざ本番に入る前に全面却下となり、ゼロから一発描きで始めました。

これの何が「夏の思い出」なのか…というと。

むかーーーーし。
何歳くらいのことか、どうも記憶がイマイチ定かでないのですが…
しかも、どこでそれがあったのかも、定かでないのですが…

こういうモノを見て、なんか話をしたような………記憶が、おぼろにあるのです。

そんなこと、本人も忘れていました。

このテーマの絵を描き始めて、それが浮かび上がってきたのですねえ。

まあ、妄想娘でしたから。
これも、リアル妄想だったのかも知れないです。
というか、たぶん、そうなんでしょう。

ただ、この絵。
描いている時に、お話になりました。
他の絵も描いて、絵本を作ろうかな…と、思ってます。
気長にね。

 

 

 

”あの日であった きみは だれ?” 60,000 
気になる方はお問い合わせください。
お問い合わせフォームはこちら

 

 

プラチナ #3776 センチュリー・シャルトル・ブルーによるペン画

2015-02-17a

万年筆:プラチナ製#3776 センチュリー・シャルトル・ブルー(極細)
インク:三光堂オリジナルインク「中川運河ブラウン」→三光堂オンラインショップへ
サイズ:F3(マルマン ヴィフアール中目

2015-02-17b

付けペンで言うと、丸ペン的な線かも。

このシャルトルブルー極細は、今手に入る中では最も細い線のペン先らしいです。
が、力加減で、けっこうしっかりした線も描けます。

描く紙質にもよると思うけども、細密な描き込みをするタイプの方には重宝するんじゃないでしょうか。

私も、内容や使いドコロによっては、かなり具合の良いペンです。

お値段も、万年筆の中では安価な方なので、手に入れやすいかと。

私は、あえて極細を選びましたが、中細や太もあります。

また、万年筆は「同じ製品」「同じ太さ」の、「同一製品」であっても、一本ずつペン先の性格が違います。
この一本は、同じペン先の商品3本を試し書きした中から選びました。
3本とも全然違う線になったので、実際の品を手に取って試してみないとわからないな~というのを実感しました。

万年筆は、じっくり試させてくれる専門のショップでのご購入をおすすめします。

名古屋近辺なら、もちろん、三光堂さんです(^^)
→万年筆の三光堂サイトへ